未来の望む方向も古い現状に戻ることも同じ

選択するときのざわつき

新しいことをやる時に、おそらく両方の思考が同時に湧きます。

ひとつは、未来の望む方向に進んで行けるような気がするという期待のような気持ち。

ひとつは、うまく行かなかったりして、落ち込むのは嫌だから古い現状に戻ろうとする気持ち。

この相反した気持ちの中で、どちら側に進むかが決定する。

ほとんどはこのパターンは同じことを繰り返していくので、いつも未来の望む方向を選択する人と、いつも過去の現状に戻ろうとする人に分かれる。

だから、進む人と戻ろうとする人の差はどんどん広がるばかりで、10年経った時にほとんど現状維持のままの人もいるし、10年前では思いもよらなかった場所に到達している人もいる。

この違いは…。

単純に考えれば選択し続けるパターンが違うということ。

まずやってみたいからやってみると未来に進む人と、うまく行くか行かないか可能性が不確定で観えないから現状維持のままでいいと思う人。

これらは決して能力の差ではない。能力よりも、選択する癖や態度で人は変わる。

未来の望む方向を選び続ければ続けるほどに、今日は昨日と違うし、明日は今日と違うし、10年後は全く別の人生だと云える。

毎日生まれ変わることが出来る人というのは、未来の望む方向へと選べる人だと、わたしは思う。

さて。どちらへ進もう?

未来の望む方向か、古い現状を守る方向か。

Yasuyo “オートクチュール” 180day
ヨガ カウンセリング 健康 オーガニック 美 豊かさ Loveingreen Room ビューティライフィスト Yasuyo