評価を得るという活動

褒められたい私たち

人間の根本的な活動を司る根本的なベースは、
「評価を得る」という活動になります。

評価というのは、
認められているか?
受け入れられているか?
価値を感じてもらえているか?
気に入ってもらえているか?
愛されているか?
ここにいてもいいか?

様々な事柄は全て「評価を得る」
という活動です。

これは別の言葉にしてみれば、
交換条件です。

自分の活動に対して、
認められるということで交換する。
交換が成功したと感じたら人は心地いいけど、
交換が失敗したと感じると人は不快に感じる。
とてもシンプルです。

それが評価や愛情やお金やギフトなどなど、
様々なものに交換するものが変わります。

ここまでは、とても普通なことであり、
そんなの当然でしょう!と思うかもしれない。

でも。
この交換条件のスタイルから脱出できることが
存在の価値そのものに資質が大きく変わります。
それを超えると、
本当の意味で人生の豊かさの質が変わるのです。

「交換できるならそれをやる!!」
だと、
「純粋にやりたいことをやる」という
自分はもはやどこに行ったのか、
わからなくなります。

だから、
「自分が本当に何が好きか、
何ががやりたいか、よくわかりません」と
いうことになります。

好きだと思って始めたのに、
そうじゃなかったみたい。。。と
云うケースもここに繋がります。

褒められるならやるけど、
そうでないならやらないとか、
認めてくれそうだから、その行動をする奥には、
実は【深い我慢】が隠れているのです。

〜我慢でない、あなたの生き方を選ぶ〜
メルマガ更新しました✡️
美しく生きる 〜 あなたを超えたその先へ!
https://www.reservestock.jp/subscribe/8601