2019年 陰極まって陽となる

白と黒のあいだの統合

今年もあと僅か。師走の真っ只中ですが、みなさまいかがお過ごしですか?

本日は冬至で明日は満月。大きなエネルギーが流れています。

わたしは年末ですが、やけにゆったりとしています。でも実際はやることは山ほどあるのです。ただ今はゆったりと過ごした方が良いと感じるのでそうしています。

大掃除的なモノは大体ちょこちょこやって終わってるので、どちらかと云えば捨てていく方に集中しております。

後はカーテン洗って床をピカピカにすることくらいかな。

2018年をざっと振り返ってみるど、全体的に内観(内側に籠もる)の1年だったように感じます。

エネルギー的に云えば女性の陰であって、人間の内側のいろんなモノが浮き上がってきたように感じます。

どちらかといえば暗い闇のようなイメージで、黙々と向き合っていく的な出来事が多かった1年ではないでしょうか?

わたし自身、今年は旅を2回したし(モロッコや地中海クルーズ)一見は華やかな感じがしますが、年明けに家族としてお迎えした豆柴ROCKのお世話がほぼ中心となった1年だったので、ほとんど成城でのイベントごとはほぼなし。お迎えした矢先に骨折事件もあったので、自分は横に置いて、無償の愛でお世話するということの学びを深く深く体験した2018年でした。

この体験から得た感覚、感情、深い部分からの喜びわたしにとっては、たぶん始めてだと思う。

子供を育てることの未体験、それから自分を横に置いて尽くすとか男性にはまずしないので…笑

でも。この体験は、予想を上回るほど深い深い喜びだということに気づけたことが本当にただただ嬉しくて、とても癒された1年でした。

そして色々振り返ってみると、その体験は2018年にはとても大切なことだったことがわかります。

『完全に受け入れて、完全に認めて、完全に委ねて、完全に愛すること。』

ここをしっかりとやることを2018年は大きな流れから求められていたような気がします。

なぜなら次の2019年、2020年に向けて必要な準備だから。

何を完全に受け入れて、何を完全に愛するのか?それはあなた自身であり、わたし自身であり、この世界そのもの。

昨夜、葉山で過ごした15人でのパーティでは、また新しい扉が開いた瞬間に感じます。

言葉を超えた心が響きあうような一体感や統合は、2019年にはもっと多く起こってくるでしょう。

『愛だけが、真実』

来年もたくさんの時間をたくさんの人と至福な時間を過ごします。

理想に生きることを、共に生きる仲間と共に。

友達追加は下のボタンから↓

友だち追加