自分の勝ちを取りに行く

victory

「勝利する」こと。

なにに勝ちに行くのか?

よくスポーツ選手が云う言葉で「自分に勝つ」とか「己に勝つ」などと発している。

自分以外の誰かに勝つのではなく、自分自身に勝つとは?

自分自身を支配されてる様々な古い過去からの思い込み、経験から得た信念や不安や怖れ。もしくは自分に対してあまり価値を感じることができない劣等感や被害者意識的な部分。もしくはわかってるけどできないこと、わかってるけど辞められないこと。

これらを超えることは、

「自分を超えたその先へ」の場所に

次元上昇できる。

これらを超える時は最初はとても不快で、思い通りに行かない。なかなか硬い頭の思考パターンを変えるのはなんだか苦しいからだ。

だからつい自分に負けてしまう。でも負けたなんて人間はなかなか認めたくないから、別の理由をたくさん創り出すことが出来るのも人間の凄い回避能力でもある。

親、子供、環境、先生、上司、同僚、社会、国、パートナー、時代の流れ、お金、時間、年齢、メディア、自然災害、病気、気力、体力、感情の起伏。

これらのせいにすることを大変得意とする。

自分の中の自分に負ける時は、必ず自分で自分を強く責めている。自分のことを下げて虐めている。出来ない自分を許さないし、期待外れだとがっかりしたりする。

【短気、苛立ち、うんざりする。】

そんな風になってる時こそ、このいつものパターンをしっかり見破っていけば超えて行くことができる。

「私は大丈夫だし、出来ても出来なくても何の価値も変わらないし、まるごと認めて許す。」

こちらを選ぶようになると、不思議と出来ることが増えてくる。

どこまでも優しく、どこまでも楽しく、どこまでも安らかに、どこまでも穏やかに、どこまでも許すこと。

これらが。あなたがあなたに勝てる方法だと思う。

スポーツで結果を出す選手たちはみんな「楽しかった!!」と笑顔でインタビューに答えてるそれだ。

「そんなに自分を甘やかすと、だらしなくなるのが怖い。」

そんな相談をよくされるけど、これは罠だ。厳しくすればするほど、やらせようとすればするほど人は逃げ出したくなるのだから。

とにかく楽しむ。この状態が1番パワフルだということを憶えておこう♡