満ちる喜び、潤う内側

Love my self

新しい家族を迎えているあいだにあっという間に春がやって来て、あっという間にゴールデンウィークがやってくる。

この不思議な時間の経過は、まるでなにかの魔法にかかったの如く過ぎ去った。

あっという間に過ぎ去ったけど、残ったギフトは山ほどあって観える景色はどれも新しい。

より色んな物事が鮮明に観えるし、

より人を愛おしく感じるし、

よりやりたいことしかやらなくなった。

沈黙や静寂は、誰ともつながっていないような、社会とも切り離されたような気分にもなりやすいけど、本当はいちばん繋がりたい内側の強固な絆を深める時間なんだと思う。

この繋がりは実に豊かで潤っていて、あまりにも壮大だからますます沈黙してしまうけど、自然に溢れ出すまで待っていよう。

花が咲くときも、実がなるときも、沈黙と静寂から突然開花して生まれるように。

人の内側の杯が満ちるほどに、その人が観ている世界の杯も満ちると思う。